2019年1月7日月曜日

口内炎のいやし

「痛っ!」と食事の時 舌に痛みがあるので、鏡で見ると舌の裏に「プチッ」と口内炎が.......。この小さいプチですが熱い食事や固形物が触れるとなんとも不快な痛みがあるのです。
「神様、いやしてください。早く治って食事がおいしく壁られますように!」と食いしん坊の私は祈っていました。それから3日後の日曜礼拝のミニストリーの癒やしの祈りで、「口内炎がいやされますように!早くおいしく食事ができますように!」と神様に祈りました。
すると知恵知識のことばで」口内炎の方がいやされました。」と語られました。
私の他にも口内炎の方がいたのかな〜、と思いつつ、私はそのことばを受け取りました。神様はこのちいさなプチを取り除いて下さる...と。帰りのバスの中でふと「そういえば口内炎はどうなったのかなあ〜」とそっと触ってみると。プチッとした突起物がないのです!
家に帰って早速鏡で見てみると確かにまだ赤みはあるのですがペチャンコになっているプチが一つ。
そういえば昼食の時、食事でとったパンやおにぎりを何の違和感もなく、いつものようにおいしくパクパク食べていたことを思い出しました。
神様がいやしてくださっていたんだ!!と気がつきました。
小さな祈りにも 応えてくださり、痛みから、不快感から解放してくださり、心から感謝します。
すべての栄光を主に帰します。
東京町田教会 KN

2018年10月18日木曜日

膀胱炎がすぐにいやされました!


9月の杉戸集会の日でした。
夕方、集会に出る為、実家に戻りました。姉が、憂鬱そうな顔をして“膀胱炎になっちゃった。今日集会の時トイレに行きたくて席外しちゃうかもしれない“と言ってきました。
その当日、忙しくて中々トイレに行けなかったようで、やっと行けた時には膀胱炎の症状である、痛み、出血、残尿感があり、何とも辛い時間を過ごしていたようです。
姉は薬剤師であり、すぐに薬を服用したようですが、中々効かず、15分置きにトイレに行っていたようです。

私も膀胱炎になった事があるので、姉の辛さが伝わってきました。
しかし、今日は杉戸集会の日です!そして牧師ご夫妻がもうじき来られます!
癒やしの為にお祈りしていただけます。このことを二人で喜びました。まず膀胱炎になってしまった事を感謝して癒やしを祈っていただける事を感謝しました。姉の表情が幾分和らいできました。本当に神様に癒やして欲しい、と願っていました。
そして、集会が始まる前に、膀胱炎が癒やされるように、集会中にトイレに何度も行きたくならないように、お祈りしていただきました。
そして集会がスタートしました。賛美が捧げられ、牧師のメッセ-ジが始まりました。
私は姉が気になっていましたが、席を立つ様子がないのです。一所懸命メッセージを聞いています。
そして集会が終わり気づいてみたら2時間近く席を立っていません。
あの15分置きにトイレに行きたくなっていた症状が癒やされていました。あの膀胱炎の症状がこの短時間で消えるというのは本当に驚きました。姉自身もびっくりしていました。主をほめたたえます!
そして更に完全な癒やしの為にお祈りしていただき、姉のこの膀胱炎の症状は完全に癒やされました!
ハレルヤ!姉は本当に嬉しそうでした。
姉が神様に癒やして欲しいと心から願い、教会で祈っていただき、その祈りに神様は応えて下さいました。
姉自身、神様の癒やしを体験させていただき、心から神様に求める事の大切さを痛感したようです。
神様に感謝して祈り求めた時すべての事を益として下さいました。
心から主の御名をほめたたえます!

2018年10月4日木曜日

壊れたシェーバーがなおりました!

 10月3日夜主人が「髭剃り機を何度充電しても動かない。見てくれ。」と持ってきました。私の手で再度充電して、隅々まで中を掃除してスイッチをONにしましたが動きませんでした。何度同じことを繰り返しても動かず、「仕方がない。買い替えるしかない。」と二人で判断しました。しかし、「どうせ捨てるなら祈ってから捨てよう!」と思いがきて、祈りました。しかし、動きませんでした。それでも主人が手に取るように洗面所に置いておこうという思いがきて、洗面所に置いておきました。翌日主人が起きてきて洗面後髭剃り機に気づき「修理できたのかな?」と手にとってスイッチを入れたら動き出して髭を剃ることができました。主人が私に「修理してくれたんだね。」というので、私は「何のこと?」と聞き髭剃りが直っていること知らされました。その後ずっと動き続けています。二人で捨てるという決断したものが祈りによって神様が動くようにしてくださいました。この奇跡を神様に感謝します!
町田教会 YY 

http://tlccc-machida.com/ 



2018年6月18日月曜日

小脳の出血がいやされました

先日クリニックで倒れたMさんが急遽入院となり、MRIを撮ったところ小脳の出血と診断されました。教会でMさんの癒しのために祈っていたところ、手術せずに済み、2週間後に退院する直前にもう一度MRIを撮ったところ、出血した痕がどこにもないとお医者さんが驚いておられました。娘さんのSさんが最初の診断画像で確かにお医者さんから出血しているところを見せてもらっており、出血痕がないのは奇跡だということです。家の近くで通院する病院でも診断してもらったところ、やはり出血痕がないということでお医者さんが驚いていたということです。
神様が完全に癒してくださいました!
Praise the Lord!

2017年6月24日土曜日

頭痛がすぐいやされました

6月20日夜Gospel Station収録時に頭痛が激しく、自由に話せないような状況でしたが、祈ったあとに速やかにいやされ、無事に収録できました!
Praise the Lord!


2016年11月28日月曜日

頭痛がなくなりました

日曜日朝から頭痛がしていました。
頭痛で集中できないので午後になってからいやしのために祈ってもらいました。
だんだん、痛みが取れ、夜には全く痛みがなくなり、頭痛から解放されました!
神様ありがとうございます!

腰痛の痛みがなくなりました

土曜日から腰痛があり、椅子から立ち上がる時、激痛が走っていました。
翌日の主日礼拝のメッセージの時に、知恵知識のことばで「腰の痛い人がいやされました」と語られました。自分に語られたものだと信じ、受け取った後、しばらくしてから、椅子から立ち上がる時も痛みがなくなっているのに気付きました。 
神様は腰の激痛を取り除いてくださいました。
神様はいやしてくださいます。